FC2ブログ

ある育児書を読んで…

育児に正解なんて、ない。。。

だって、お母さんも唯一無二、子供だって、唯一無二の存在だから。

こうすれば、こうなる……なんて、方程式が当てはまらない…

とはいえ、集団生活の中で、ある程度は、その世界にそぐって生きていけるよう、

育てていかなければいけない使命は、ほとんどの場合、お母さんの役目……

何故なら、一番側にいる時間が長いから、

子供は、その人の、そしてその周りの環境の影響を多大に受けて育つ。

ただ、子供はどんなに顔や身体の特徴が自分に似て生まれたとしても、

決して自分の分身ではなく、同じでもなく、その子供の『人格』を、

生まれもっている。

だから、その人格を大切に、包み込んで育ててあげたい。

ただ、脳は0からのスタートなので、より良い状態で育んでいく事は出来る。

そういった、ちょっとした脳育の考え方のヒントが沢山つまっています。

自分自身の考え方の勉強にも、非常になります!

イライラしたり、負の感情は、なにひとつ良いことを生まないことも、

すごく納得させてもらえる本でした。

とても読みやすく、入ってきやすい言葉の選択をされている本なので、

気が付くと深く頷いてしまってる感じ。

とてもおすすめの本です。

Comment

Post comment

Secret