FC2ブログ

学芸会


長女の小学生最後の学芸会がありました。

この所は、毎日毎日練習に励んでいたので、楽しみにして見に行きました。

ビックリさせられたのは、その完成度の高さ(゜ロ゜)
ミュージカル仕立てなのだけど、男女ともに、どの子もみんな、恥ずかしがらずに、堂々と、大きな声や、身振り手振りで、役になりきってやっていました。

演目は、『人間になりたがった猫』
魔法使いのステファヌスの飼い猫ライオネルが、ステファヌスの大嫌いな人間になりたがります。ライオネルは、純粋な心を持つ猫で、人間の世界に夢と希望を持ちますが、身勝手で欲深い人間になることをステファヌスは許しません。
しかし、ステファヌスの反対を強く押し切って2日間の猶予付きで人間にしてもらい、その様々な体験を描いています。
ライオネルがたどり着いた町では、税金を高く取り上げる傲慢な役人のスワガードが猛威をふるう中、町一番の美人で料理上手なジリアンを中心にその政治に逆らおうと立ち向かう町の人達や、ライオネルをケガから救う医者のタドベリなど、様々な人間模様が描かれています。



娘は、主役『ライオネル』の役でした。

魔法使いのステファヌスに、人間にしてもらった直後の猫のライオネル。
ワクワクとした嬉しさと、キョトンとした不思議な表情を、上手に表現していました。

色んな役柄は、それぞれオーディションで先生方が決めるらしいのですが、みんなそれぞれに役に合っていて、それをしっかりと演じ、とても一体感がありました。

最後、保護者席を囲むようにして、全員で、あの名曲『素敵な友達』を合唱するシーンは、圧巻でした。

ほんとに、小学生の「学芸会」の域を超えてましたね…
素晴らしかったです!!



どんどん、どんどん成長して、私の知らない顔が増えて来ました‥
寂しいような、嬉しいような‥
なんとも複雑な気持ちです。

Comment

Post comment

Secret