FC2ブログ

沐浴(もくよく)

新生児~1ヶ月過ぎ頃までは、「沐浴」といって、赤ちゃんは単独でお風呂にいれなければいけない。
昔でいったら、「たらい」?のようなもので、入れていたと思うが、産後のお母さんにとってはかなりの重労働である。
最近は、便利な子育てグッズがどんどん増えているので、沐浴関連も本当に充実している。
たらいのように、大きくて重いものではなく、軽いナイロン製のものや、折りたたみ式のもの・・・、高価なものになると、小さなベビーバス自体にシャワーや、ジャグジーまでついたものまである!!なんて優雅なベビーなんでしょ!?
でも、沐浴期間は、ほんの1~2ヶ月なので、わざわざそんなものを買わなくっても、代用できる場所があるお家もある・・。
それは、洗面所のユニット洗面台。きっとここで入れてるお母さんは多いだろうな・・。
私もありがたいことにお家にそれがあるので、ベビーバスは買わずに済んだ。

以前、沐浴について少し触れたと思うけど、私は自称「沐浴の達人」です。(笑)
いかに気持ちよく、泣かせずにすばやくキレイに入れられるか・・を自分の中で、前日の自分と競争していました。
お風呂がキライで、大泣きしてしまう赤ちゃんがいるけど、
赤ちゃんは、産まれる直前まで羊水の中にいたんだから、水がキライなわけがない!!
キライ・・になるとしたら、何か恐ろしげな「きっかけ」があったに違いない・・・
そう思うと、上手にいれてあげよう・・と思うのだ。(あくまで私の自論ですが)
だって、大泣きされると、ただでさえ大変な沐浴タイムが、輪を掛けて大変になってしまうもん。

まず、温度は大事。助産師さんには、温度計を買うように言われたけど、温度調整ができる蛇口なので、買わなかったが・・・38℃くらいの大人だと少しぬるめに感じる温度が赤ちゃんにとっては快適温度らしい。
沐浴後は、すぐにお着替えが出来る様に、バスタオルや着替えやオムツを順番に準備しておく。
赤ちゃんがちゃんと浸かれるくらい溜めて準備して、・・・

こうして完璧に準備が出来たとしても、一番肝心なのは、実は赤ちゃんのご機嫌。
授乳後すぐはダメ、でもお腹が空いていてももちろんダメ・・
できるだけしっかり起きていて、満腹でも空腹でもない時間・・・・・・
生後間もない赤ちゃんにとってのジャストなその時を判断するのは、なかなか難しい。

それでも、毎日同じことを繰り返していると、なんとなくご機嫌タイムを見つけられるようになるものだ。

お湯につける時は、いきなりチャポン・・はダメ。
足先から、ゆ~くり・・・。
大きめの沐浴ガーゼを必ず胸からお腹にかけやって裸になった赤ちゃんへ安心感を与える。

そしてただでさえビクビクして常に何かに捕まろうとしている赤ちゃんを、急な動きでビックリさせてしまったら、もう止まらない・・火がついたように泣き出してしまう。
新生児は、意外に代謝がよく、しっかり汗をかいているので、首や手や足のくびれ、頭や顔など、結構汚れがたまっているから、手早くしっかり洗ってあげたいので、泣かれてしまうと大暴れするから洗えなくなるし、泣き声は大きいから、かわいそうになってしまうので、こちらも焦りがでてしまう。

やはり、お母さんも赤ちゃんも、気持ちよく沐浴したいもんね・・・。
石鹸は、妊婦中に作って熟成させておいたアボカドの石鹸♪♪メチャいい感じっす!!
赤ちゃんの肌は弱いけど強い??から、しっかり洗えて、なおかつ安全なものでないと。。。

しかし・・・・・・
マルコは、常にこんな事を考えている私に入れてもらえて幸せだと思う。(笑)
退院してから、つい4~5日前まで沐浴させていたが、泣いたのはたったの1回だけ・・だった。(自慢)
きっと沐浴講習ができるぞ!!・・大泣きされたりして(笑)


最近になって、ようやく一緒に入るようになった。
沐浴ではずっと片手で両耳をふさぎつつ頭をささえてやらなければいけないので、背の高い私は、腰への負担がかなりあって、きつかったけど、随分ラクになったあ・・・
今までしっかり気をつかってあげた成果か??2ヶ月になったマルコは、母さんの太ももの上にチョコンとのって、ビクビクすることもなく、大の字になって気持ちよさそうにシャワーを浴びている。

嗚呼、どんどん大きくなってくなあ・・・・

Comment

Post comment

Secret